A0001 016740

gooランキングに「実はイマイチ使いどころがわからないWindowsのキー」というのがあったのですが、ほとんど‥‥じゃないですかっ!

Windowsパソコンを使い始めて間もない人や使いなれていない人にとって、「これはいったい何に使うのだろう?」と悩んでしまうのが、キーボード上に配置された一部のキー。アルファベットや数字、記号が刻印されたキーであれば「これが表示されるのだな」とわかりやすいですが、見慣れない英単語やアルファベットの短縮文字列などが刻印されていても、これを押すとどんなことが起こるのかというのは意外にわからないものですよね。

仕事でWindows PCを触っていたこともありますが、確かに「これは何に使うんだろう?」というキーがあったことは記憶しています。

学生時代に触ったDOS/Vにも、そういうキーはあった気がするので、脈々と受け継がれているのでしょうね。無くならないということは、密かに使われているキーでもあるのでしょう。

ということで、こんなランキングです。

1位 Sys Rq
2位 F12
3位 F1
4位 F3
5位 F11
6位 F2
7位 F4
8位 Ins(Insert)
9位 F6
10位 F10

ファンクションキーばっかり!!!

確かに「F○」だと、何のキーだか分からないですよね〜。押さなくても過ごせそうですし。コピーとか‥‥そういうのが割り当てられてるんでしたっけ? 使用するソフトによって異なるでしょうが。

ぼくも「Sys Rq」は分かりませんでした。

解説によると、Altと組み合わせると「現在アクティブになっているウィンドウのスクリーンショットをクリップボードに記録」するそうです。ブログの記事で使うスクリーンショットを撮影する人にはお馴染みのキーでしょうか?

MacのキーボードにもF○というキーはありますが、いずれにせよあまり使うことはないかもしれません。Fnキーと組み合わせて、ボリューム調整はしたりしますけどね。