TRANSIT(トランジット)12号 永久保存版! 美しきインドに呼ばれて (講談社MOOK)

インド政府が、世界最安となる2,700円のタブレットパソコンを開発、公開したそうです。えっ、2,700円!?

インド、「世界最安」のPC公開 約2700円という記事になっています。

インド政府は同国での販売価格が1750ルピー(約2700円)と「世界最低価格」のノートパソコンを開発し、5日、端末を公開した。

記事ではノートパソコンと書かれているのですが、写真などを見ると、実際にはタブレットパソコンのようです。

しかし、タブレットだとしても、2,700円という価格設定は凄いですね。

インド政府は製造費用の一部を負担。10万台を2250ルピーで受注したが、学生向けの販売価格は1750ルピーに抑える。一般向けの販売時期については未定。

公開されたタブレットパソコンの名称は「アーカシュ(ヒンディー語で「空」の意味)」で、インド政府、インド工科大ラジャスタン校がイギリスの「データウインド」社と共同開発したものだそうです。

ちなみに、Amazonで検索したところ7,980円というタブレットパソコンが最安でした。

REALLIFE JAPAN ESP01(7,980円)

B004YBSPPS

【激安】Android アンドロイド タブレット PC「OS:2.2 ファームウェア 2.2 CPU:VIA マルチタッチ可 カメラ可 有線LAN変換付(8,000円)

B005GJOB4Q

ベルソス 8インチ液晶搭載 MOBILE SMART PAD◇VS-AX8000(8,980円)

B0052QQMO0

性能などは別として、とりあえず安価なタブレットパソコンというのは、けっこう製造可能なものなのですね。