2011-05-17_1514.png

Google I/Oで、Chrome OSを搭載したノートブック「Chromebook」が、2011年6月15日に発売開始となることが明かされました。

ということで、ちょっと遅ればせながらネタフルでも関連記事をまとめておきたいと思います。

ウェブサイトで確認すると、

・8秒で起動
・WiFi/3Gでネット接続
・アプリ/文書/設定はクラウドに
・ゲームから表計算までウェブアプリ
・自動的にアップデート

などの特徴が綴られています。

Google Chrome OS - Wikipediaの説明が分かりやすいでしょうか。

Google Chrome OSのユーザインタフェースは、基本的にGoogle Chromeだけが全面に出ている形で、デスクトップやファイルブラウザなどは無く、すべてのアプリケーションはウェブアプリケーションという形でGoogle Chromeにインストールされ、実行される。インストールしたアプリはGoogle Chromeにショートカットを作成してアクセスすることが出来る。

つまり、Google Chromeというウェブブラウザの上で、いろいろと作業をする、ということになるのですね。

使い勝手としてはどうなのでしょうね。そんなに違和感は感じないものなのでしょうか。

グーグル、Chrome OS搭載ノートPC「Chromebook」を発表--まずはサムスンとAcerから

サムスンとAcerがそれぞれ、6月15日にChromebookを発売する予定である。サムスンのChromebookは、Wi-Fiのみの対応版で429ドル、3G版で499ドルになる予定である。AcerのWi-Fiのみに対応するChromebookの価格は349ドルとなる予定。

「Chrome OS」刷新、オフライン機能を提供へ--ファイルマネージャも搭載

Chrome OSのオフラインモードでは、インターネットに接続せずに「Google Docs」「Google Calendar」「Gmail」にアクセスできる。「Google Chrome」ブラウザでは以前、「Google Gears」プラグインを使うことでオフライン利用が可能だったが、その後Googleはこのプロジェクトを段階的に廃止していた。オフライン機能は、飛行機に搭乗している時など、Wi-Fiや3G接続が難しかったり利用できなかったりする場合でもコンピュータを使い続けたいと考えるユーザーを引きつけるうえで、大いに役立つだろう。

グーグル、「Chrome Web Store」にアプリ内課金機能を追加--グーグルの徴収率は5%

ユーザーがワンタッチで容易に支払いができるようにするとともに、開発者らがこの機能を容易に追加できるようにしたいとGoogleは考えたと、同社のVikas Gupta氏は述べた。コードを1行加えるだけで、この機能を追加することができる。

Chrome Web Storeにアプリ内課金、なんと95%が開発者の取り分

Webアプリなので、Chrome Web Storeで配信されているWebアプリはChrome以外のモダンブラウザからもアクセスして使用することができる。しかしながら、ネイティブアプリのように一連の流れで導入・使用できる容易さがユーザーに受け入れられている模様だ。

Chrome OS搭載ノート「Chromebook」、まずはSamsungとAcerから

Chromebookは個人向けを想定していたが、Chrome OSを発表すると、強固なセキュリティ、アップデートや管理の容易さに関心を持った企業や学校から数多くの問い合わせが舞い込んだという。そこでGoogleはビジネス向けと教育機関向けのChromebookプログラムを用意した。

Google I/O 2011 二日目の感想まとめ #io2011 - Drift Diary XIII

クラウドOSやネットワークコンピュータの構想は新しいものではなく、以前からいろいろな企業が試しては挫折し続けてきたのですが、今回のChrome OSは実現しそう具合が今までの比じゃなく期待が高まります。 なにせChrome自体はブラウザとして十分実績がありますし開発も活発。Chromeへの依存度が高くなればなるほどブラウザー>OSの移行はスムーズになるので、そのための外堀を地道に埋め続けているGoogleの戦略は正しいし、タイミングとしても悪くないと思います。

Google I/O: これがChromebookだ(Samsung Series 5)

今朝(米国時間5/11)Googleは、初めてのChrome OSノートブックを披露した。同社の呼び方では“Chromebooks”だ。これを作る最初のパートナー2社は、SamsungとAcerだ。そして今夜サンフランシスコで行われたイベントで、Samsung Series 5 Chromebookをたっぷりと触(さわ)ることができた。

新OS「Chrome OS」を搭載した「Chromebook」

クラウドベースのChromebookでは、自分のデータやアプリはネットワーク側にあるため、ハードウェアを紛失してもデータや環境はそのまま別なマシンで使い始めることができる。新しいマシンを買った場合も、すぐに自分のアプリとデータを使い始めることが可能だ。

『Chrome OS』が示す「コンピュータの未来」

今回のGoogle社の動きは、米Apple社と真っ向から競合するものだ(Apple社は、フラッシュメモリ搭載の軽量MacBookAirと、アプリをダウンロードするMac App Storeを売り物にしている)。

未来のノートのバージョン1「Chromebook」を触ってきた! : ギズモード・ジャパン

ネットブックではない、とGoogleは(声を大に)言うだろうけど、触ってみた手触りはネットブックです。なんかトラックパッドの上の方を押すと中がガボガボするというか、空洞に近い感じがします。プラスティックの残りのボディはフネフネして硬くなったパンみたい。ダメなプラスティックと良質なプラスティックが中途半端に交錯しちゃってる印象です。薄いのは一目で分かりますが、そんな驚くほどの薄さでもないです。