2011-02-16_1328.png

Androidを採用し、キーボードを装備したモバイルギアを彷彿とさせる“スマートブック”「LifeTouch NOTE」が発表されました。

分からないです。正直、スマートフォン全盛の今の時代に、この“スマートブック”というカテゴリの「LifeTouch NOTE」にどのくらいの需要があるのか。

重量は約700gということですが、これだったら「MacBook Air 11インチ」を持ち歩いてもいいんじゃないかという気もしますが、こちらはウェブブラウズで約9時間ですしね。

2011-02-16_1333.png

肝はやはり、キーボードをどれほど使うか、でしょうか。物書きが中心の人には良いかもしれないですしね。

プレスリリースでは「クラウドコミュニケーター」とも書かれているので、クラウドを中心としている人ならば、ノートPCほど高機能のものは必要ないのかもしれませんね。

ストレージ容量、通信機能の違いで3モデルありますが、店頭予想価格は40,000円前後、45,000円前後、55,000円前後となっています。

■関連記事

NEC、日本語キーボードの7型Android端末「LifeTouch NOTE」

ストレージ容量、通信機能の違いで3モデルを用意。フラッシュメモリ8GBとSDHCカード8GB付属の「LT-NA75W/1A」、フラッシュ2GB+SDカード2GBの「LT-NA70W/1A」、FOMAハイスピード対応でフラッシュ8GB+SDHCカード8GBの「LT-NA75F/1A」で、店頭予想価格は順に、45,000円前後、40,000円前後、55,000円前後の見込み。FOMAモデルの発売時期は4月下旬予定。

NEC、Android 2.2搭載の新モバイル端末「LifeTouch NOTE」

「LifeTouch NOTE」は、長時間駆動・常時起動といったスマートフォンのメリットを最大減にいかしながら、パソコン同様の入力性を提供する新カテゴリの製品。外出先でSNSやブログなどへすばやく快適に投稿するといった使い方を想定しているという。

NEC、キーボード搭載Android端末「LifeTouch NOTE」発表会~7型×2画面のAndroid端末を参考展示

モバイル端末は、タブレットやスマートフォンのような“見る端末”、キーボード付きスマートフォンやモバイルPCのような“作る端末”と、それぞれに適した役割がある中で、渡邉氏は「鞄に入るもので、参照だけでなく、クリエイトできる端末」と位置付けた。