2009-11-27_1452.png

工人舎から、10.1インチモニタがスライドして2枚登場する、デュアルディスプレイのノートPC「DZ」シリーズが登場しています。なんという変態的マシン!(良い意味で!)

工人舎、10.1型液晶2台のデュアルディスプレイノートPCという記事で紹介されていました。

1ディスプレイの解像度は1,024×600ドット(WSVGA)。同社の特徴である液晶の回転機構も備え、2画面のまま反対向きにできる。コンバーチブル型としても使えるよう、液晶パネルの左右に光学式ポインティングデバイスとマウス左右ボタン、ファンクションボタン、指紋センサー、ローテーションボタンなどを搭載する。

デュアルディスプレイじゃないと作業できない、という人もいますが、そうしたニッチに対応してしまった凄い仕様です。

サイトに動画がありますが、シャキーン! と引き出して使用します。けっこう簡単に、引き出す作業も。

2009-11-27_1459.png

2009-11-27_1500.png

2009-11-27_1500-1.png

横にながーーーいエクセルのワークシートも2画面に続けて広げられます。

CPUにはAMD Athlon Neo MV-40プロセッサを搭載、ATI Radeon 3200でグラフィック処理となっています。価格も79,800円からと、普通に購入できる値段です。

重量が気になるところですが、デュアルディスプレイなのに約1.84kgです。

これ、カフェとかで開いていたら注目を集めますね、間違いなく。

(via Twitter / 株式会社ミヤビックス ビザビ事業部