ソニー、高精細な10.1型ワイド液晶を搭載した同社初のNetbook「VAIO W」という記事より。

ソニーは、1,366×768ドットという高精細な10.1型ワイド液晶を搭載したNetbook「VAIO W」を発表した。発売日はホワイトが8月8日で、ピンクが8月22日。店頭予想価格は約60,000円となる。

ついにソニーからもネットブックが発表されました。ネットブックからは「type」の文字が消えています。

主な仕様としては、CPUがIntel Atom N280(1.66GHz)でチップセットがMobile Intel 945GSE Express。メモリが1GBでHDDは160GB。

気になるOSはWindows XP Home Editionです。USB2.0×2、D-Sub15ピン、メモリースティックDuoスロット、SDメモリーカードスロット、Bluetoothの他、IEEE802.11b/g/n、10/100BASE-TXなどとなっています。

正直なところ、個人的にはネットブックはもういいかと思っていたのですが、GoogleからOSがリリースされますからねぇ。そうなるとまた、ちょっと興味が出てきそうです。まだ先の話ですけど。

■関連記事

ソニー、同社初の10.1型ネットブック「VAIO W」~1,366×768ドット液晶を搭載

バッテリ駆動時間は約3.5時間。本体サイズは約267.8×179.6×27.5~32.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.19kg。

ソニー、「VAIO W」と「どこでもいっしょ」で共同プロモーション

そのプロモーションとして、主な用途がネットやメールのユーザーを想定し、Webを中心にプロモーションを展開。料理サイト「COOKPAD」や、ゴルフダイジェストオンラインなど計10サイトに、VAIO Wとのスペシャルコンテンツやバナーなどを掲載し、VAIOのサイトへ誘導する。

ソニー初のNetbookは1366×768ドット/10.1型ワイド液晶搭載――「VAIO W」

キーボードは「VAIO type P」と同様に、キー間隔が離れたアイソレーションタイプを採用し、キーピッチは約16.5ミリ、キーストロークは約1.2ミリを確保する。ポインティングデバイスは2ボタン式のタッチパッドだ。

ソニーが満を持して投入した“WXGA液晶”Netbook――「VAIO W」徹底検証

VAIO type Pは価格帯がNetbookより上で、ギリギリまで小型化したボディに表示が細かい8型ワイド液晶ディスプレイを搭載するなど、一般ユーザーが使うには少々エッジが効きすぎている面もあった。低価格やノートPCとしての使いやすさを求めてミニノートPCに注目している層には、Netbookほど訴求できなかったことも事実だ。