Windows 7の「XPモード」とは MSが説明という記事より。

マイクロソフトが5月7日に公開する次世代OS「Windows 7」リリース候補版(RC)では、仮想環境でWindows XP対応アプリを動作させる「Windows XP Mode」(XPモード)が利用できる。

Windows Vistaに移行できない理由として、Windows XPのアプリケーションソフトが動かないというのもあったかと思うのですが、次期バージョンの「Windows 7」ではそれを解消する策として、仮想環境でXPアプリ動作できるようにするそうです。

この仮想環境の実現には「Virtual PC」を利用し「Windows 7」のデスクトップから直接、アプリケーションソフトを利用できるようにするのだとか。

XPモードは、Windows 7の6つの製品エディション(SKU)のうち、最上位の「Ultimate」「Professional」ユーザーが利用できる。ただ、それぞれのパッケージには含まれず、別途ダウンロード提供する。

Mac OS Xがリリースソされたばかりの頃に、クラシック環境として古いアプリケーションソフトを動作させていたことを思い出しますね。