メディア・パブ: Android搭載のノートPC、Windows離れの動きというエントリーより。

Microsoftがほとんど寡占しているパソコンOS市場でも、Googleが侵食しそうだ。WSJ( The Wall Street Journal)の記事によると、Googleのモバイル端末(スマートフォンなど)向けOS“Android”の採用テストをパソコンメーカーが始めているという。

少し前にGoogle Androidを搭載したネットブック登場へというエントリーを書いたことがあったのですが、そう遠くないタイミングでAndroid搭載のネットブックというのがリリースされるのかもしれませんね。

パソコン市場としては落ち込みが良さそうされているのですが、ネットブックに関しては倍近い成長が期待されています。

もともと低スペックのマシンですから、携帯電話向けのAndroidだとサクサク動いたりするのでしょう、きっと。

そのネットブック向けOS市場で、AndroidなどのLinux系が浸透侵食しMicrosoft(Windows)離れの動きが始まってきているのだ。

「Windows 7」もネットブックで動くとか話がありますけど、価格的にはAndroidを搭載している方が安くなるのでしょうから、低価格マシンでWindows離れが加速する、というのは現実的な話かもしれません。

■関連エントリー

Google Androidを搭載したネットブック登場へ
「EMONSTER」でGoogle Androidを動かしている動画
ドコモ・KDDI、2009年に「Android」携帯電話発売へ
「T-Mobile G1」オンラインエミュレータで“Android”体験
Google「Android」は100%オープンソースに