Windows 7は確かに快適だが拍子抜けという記事より。

色々な記事を読むと「Windows 7は軽い」と書かれている。確かに、Windows Vistaと同じ環境にインストールしてみたのだが、間違いなく軽くなっている。僕が使った印象では、終了の時間も早くなったように感じた。「速い」と言って大したことのなかったWindows Vistaとは違い、Windows 7は、本当に速いぞ!

ネタフルでも「Windows 7」に興味を持ってレビューを追いかけているのですが、こちらもベータ版を1週間ほど試した人のレポートです。

いろいろと機能を試しつつ「Windows Vistaで使いづらいと感じていた部分が相当解消されているのは、素晴らしい進化である」と高評価です。

こんな短期間にすべての機能を把握するのは不可能だが、パフォーマンスの向上と、各部の使い勝手が進化している点は間違いなく高評価に値する。ベータ版なのに動作が安定しているのも素晴らしい。

いろいろなレポートを見ていても評価は高いので、確かに使いやすくなっているのでしょうね。

しかし最後に「思わず拍子抜けした点もある」とも。「高速化と細かな使い勝手の向上」が「Windows 7」らしさなのかもしれないけれど、

例えばWindows Vistaで新しい検索機能が搭載されたような、「この機能が使えるから乗り換えたい」と思わせる何かが欲しかった。

という点で「拍子抜け」してしまったのだそうです。

個人的には「高速化と細かな使い勝手の向上」というのが、とてつもなく重要なんではないかと思いますね。

正直、Vistaに関してはあまり良い話は聞こえてきませんから、同じような失敗を「Windows 7」で繰り返してしまうとMicrosoftとしては致命的でしょう。

なので、Vistaがチューニングされ、軽くて使いやすいOSになるということを待ち望んでいる人は、非常に多いのではないかと思います。

今はウェブアプリを使ったりすることも多い訳で、OSには高機能よりも、いかにシンプルかつ快適に利用できるか、というあたりを頑張って欲しいですね、個人的には。

■関連エントリー

「Windows 7」ネットブックでも快適に動作
「Windows 7」ベータ版の完成度が高いらしい
「WIndows 7」ベータ版を入手する方法
「Windows 7」ベータ版、ダウンロード開始へ
マイクロソフト、コードネーム「Windows 7」を正式名称に