BCNの調査によると、2008年の日本国内のミニノート市場で、ベンダー別販売数量シェアで1位を獲得したことをASUSTeKが発表してます。46.92%という高いシェアです。

2009-01-28_1225.png

確かにアメリカでネットブックが話題になり、日本にいち早く導入したのがASUSTeKでした。当初、国内メーカーは様子見をしていたのですが、あまりの売れっぷりにたまらず参入した、というのが2008年でした。

もちろんネットブック自体の価格も安いのですが、さらに普及を加速させた要因として、イーモバイルと一緒に販売されたというのがあるでしょう。

本体価格が1円とか100円とか、とりあえずイーモバイルに加入するならネットブックもゲットしとくか、みたいな状況です。それにしても50%に迫るシェアというのはすごいですね。

ASUS EeePC 701SD-Xseries パールホワイト 30GB外付けHDD付 EeePC 701SD-X WHI007X

ASUS EeePC 701SD-Xseries パールホワイト 30GB外付けHDD付 EeePC 701SD-X WHI007X

ASUSTek ノートPC EeePC 901-X ファインエボニー EeePC901-X FE

ASUSTek ノートPC EeePC 901-X ファインエボニー EeePC901-X FE

ASUS EeePC EEEPC1000H-WHITE 10インチ パールホワイト EEEPC1000H-WHI078X

ASUS EeePC EEEPC1000H-WHITE 10インチ パールホワイト EEEPC1000H-WHI078X

■関連エントリー

ミニノートPC、海外メーカーと日本メーカーに温度差
ネットブック販売が好調でノートPC市場の1/5に
「ネットブック」安い理由はパーツコストと開発費
東芝「NB100」ネットブック参入
富士通、ネットブックに参入