ASUSTeKが、SSDの容量を16GBに増量し、独自のOS高速起動技術「XpressPath」を搭載してスピードアップしたネットブック「Eee PC 901-16G」を日本向けに発売することを発表しています。

EeePC_901_black_L_open_Stand02.jpg

2008年11月29日より発売開始で、実売予想価格は54,800円前後となります。

・本体カラー:パールホワイト/ファインエボニー
・OS:Microsoft Windows XP Home Edition 正規版 Service Pack 3
・CPU:インテル Atom プロセッサー N270
・メインメモリ:1GB
・液晶ディスプレイ:8.9型ワイドTFTカラー液晶
・表示解像度:1,024×600ドット
・SSD:16GB
・無料Webストレージ:20GB
・バッテリー駆動時間:最長約8.1時間
・サイズ(突起部除く):幅225mm×奥行き175.5mm×高さ22.7mm(最厚部39mm)
・重量(バッテリー装着時):約1.1kg

EeePC_901_white_Open_Left.jpg

独自のOS高速起動技術「XpressPath」は、BIOSのBootBoosterの活用とSSDの新型コントローラー採用によるもので、SSDの読み取り性能が約2倍以上向上し、OSの起動・終了などが高速化するとしています。

■関連エントリー

駆動時間8.3時間のUMPC「Eee PC 901-X」
「Eee PC 900-X」「Eee PC 701 SD-X」日本発売へ