NEC、同社初の8.9型ネットブック「LaVie Light」という記事より。

NECは、8.9型ワイド液晶搭載のネットブック「LaVie Light」を11月上旬に発売する。価格はオープンプライス。仕様固定の「BL100/RA」1モデルが用意され、店頭予想価格は65,000円前後の見込み。

東芝、富士通に続いてNECもネットブックに参入です。国内メーカーは様子見していたのですが、もう黙っていられない、そんな感じなのでしょうか。

筐体は黒(ブラックパール)を基調とし、B5の紙を束ねたようなシンプルなデザインを採用。内側はつや消し、天板は光沢のあるデザインとした。

海外メーカーと国内メーカーのネットブックが並んでいれば、日本人は国内メーカーを選ぶ気がするのですが、50,000円と65,000円のネットブックが並んでいたならば50,000円を選ぶ気がするんですよね。

たかが15,000円ですけど、されど15,000円て感じで、この価格差はどのくらい影響するのかな、と。ちょっと興味ありますが。それとも、スペック次第なのかな?

開発者インタビューがありました。

ところで、国産ネットブックを待っている人は、国産製品にどんな期待を持っているのか。その具体的な中身を情野マネージャーは、「サポート力、品質という2点への期待」と指摘する。

バッテリ駆動時間は2.6時間。2008年11月上旬より発売予定です。

■関連エントリー

富士通、ネットブックに参入
東芝「NB100」ネットブック参入
SOTEC、ネットブック「C1」59800円で発売開始