スポンサードリンク

「Eee Box」Dドライブがウィルス感染→無償回収・交換

スポンサードリンク

2008年10月2日より発売開始されたASUSミニパソコン「Eee Box」(Eee Box B202ならびにEee Box B202+液晶ディスプレイセット)において、Dドライブがウィルスに感染していることが判明しました。

_images2008_EeeBox_Black_White.jpg

スポンサードリンク

ASUSでは「Eee Box」の全ラインナップ製品を無償で回収・交換することを発表しています。

混入の可能性があるウイルスについて

購入している可能性のあるウイルスはDドライブの「Recycled.exe」で、Dドライブを開くと感染が始まります。Dドライブだけではなく、Cドライブ(レジストリ含む)、その他接続したリムーバブルドライブに感染するおそれがあります。USBメモリ、SDカード等の記憶装置は絶対に接続しないでください。

「製品交換に関しましては多少お時間をいただくことがありますので、予めご了承ください」ということです。

発売が延期されたり、ハードディスクにウィルスが混入したり、最近のASUSはなかなか大変ですね。

ASUS Tek Eee Box ホワイト Eee Box B202-WHT

ASUS Tek Eee Box ホワイト Eee Box B202-WHT

■関連エントリー

幅26.9mmのミニパソコン「Eee Box」日本発売へ
ASUSTeK「Eee Box」日本発売を延期

スポンサードリンク

前へ

「livedoor Reader」登録者数が20万人突破!

次へ

「観光」とともに検索されない都道府県ランキング