東芝、同社初のネットブック「NB100」という記事より。

株式会社 東芝は、ネットブック「NB100」を10月下旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は7万円台半ば。

国内メーカーが静観していたネットブックですが、東芝が「NB100」を10月下旬に発売することを発表しています。

CPUはIntel Atom N270(1.6GHz)、チップセットはモバイルIntel 945GSE Express(ビデオ内蔵)、メモリは1GB、HDDは120GB、8.9型1,024×600ドット(WSVGA)Clear Super View液晶(LEDバックライト)など。

Ethernet、IEEE 802.11b/g無線LAN、Bluetooth Ver.2.1+EDRに対応、バッテリ駆動時間は2.9時間です。重量は1,050g。

OSはWindows XP Home Edition(SP3)です。

富士通、ネットブックに参入というニュースがありましたが、国内投入は2009年の予定です。いち早く参入した東芝が、シェアを獲得できるでしょうか?

ネットブックにどんなマシンがあるのか興味がある人は「UMPCストア」でご覧くださいまし。

■関連エントリー

ミニノートPC、海外メーカーと日本メーカーに温度差
ネットブック販売が好調でノートPC市場の1/5に
富士通、ネットブックに参入