低価格の小型ノートPC 国内勢初、富士通が参入という記事より。

富士通は画面サイズが10型以下で価格が7万〜8万円台の小型ノートパソコンを来年夏をめどに日本で発売する。低価格の小型ノートパソコンは、米ヒューレット・パッカード(HP)や米デル、台湾アスースなど海外大手が相次いで市場投入しているが、国内メーカーでは初めて。

日本国内メーカーが様子見していた、いわゆるネットブックと呼ばれる低価格ノートPCのジャンルに富士通が参入するそうです。

どんな差別化をしてくるのかなと思ったら、海外メーカーの製品よりも高性能なものを投入する予定だということです。高性能で低価格だったら言うことないですね。

価格を抑えるために、台湾または中国メーカーに製造を委託するということです。

富士通は国内市場に先駆け、今年11月に香港やシンガポールなどで500ドル(約5万3000円)〜600ドル(約6万3600円)の小型ノートパソコンを販売する。

まずは香港やシンガポールで、そして日本への投入は2009年夏を目処に‥‥って、随分と先ですね。

ネットブック販売が好調でノートPC市場の1/5にという話もありますので、日本メーカーも焦って投入してくれるかもしれません。

ネットブックにどんなマシンがあるのか興味がある人は「UMPCストア」でご覧くださいまし。

■関連エントリー

ミニノートPC、海外メーカーと日本メーカーに温度差
ネットブック販売が好調でノートPC市場の1/5に