国内版予約販売開始を前に、海外版「Eee PC」を試すという記事より。

Eee PCと言えば、COMPUTEX TAIPEI 2007で初お目見えした際、199ドルという価格、サイズなどから注目された製品だ。このEee PCが2008年1月11日、ついに日本市場でも予約販売が開始される。タイミングの関係で今回入手したのは海外版となるが、国内版販売開始直前のレポートをお届けしよう。

その価格とサイズにそそられて「Eee PC」に興味を持っている人も多いと思いますが、まずはこうしたレビューを参考にしてみてはいかがでしょうか。

個人的にも注目しているのですが、気になる点はこんなところでしょうか。

ブラウジングしてみて気になるのはやはり解像度。最近では国内外を問わず、幅1,024ドットを標準にデザインされたサイトが多く、Eee PCの800ドット液晶では頻繁に左右のスクロールを要する。

恐らくウェブブラウズやメールが利用用途の中心になるんじゃないかと思うのですが、解像度が足りずに左右スクロールが頻発するようだと、ストレスが貯まりそうです。

またバッテリに関しては「今回はフル充電から軽い操作を交えつつ約3時間弱バッテリ駆動できた」ということで、モバイル中心に利用するには、やや短いでしょうか。

結論としては、

低価格、そしてWindows XPを搭載するからと言って広く一般的なユーザー層向けではなく、まずはPC上級者からというのが当然と言えば当然な今回の感想である。

とまとめられています。使いこなしには、それなりのスキルが求められそうです。

ASUSTek ノートPC EeePC 701/4GA/512M/JPN/Win/B EeePC 701/4GA/512M/JPN/Win/B
ASUSTek ノートPC EeePC 701/4GA/512M/JPN/Win/W EeePC 701/4GA/512M/JPN/Win/W