“199ドルノート”こと「Eee PC」が日本発売決定――予価は5万円前後という記事より。

ASUSTeKは、“199ドルノートPC”として注目を浴びた低価格モバイルノートPC「Eee PC」の日本発売をアナウンスした。

アメリカで“199ドルノート”として好評を博したらしい「Eee PC」が、日本でも発売されることになったそうです。

気になる発売予定時期は2008年2月で、もっと気になる価格は5万円前後だそうです。

“199ドルノート”だつたのですが、実際には299〜399ドルという価格帯で販売されています。それでも安いのですが。

日本でも35,000円〜40,000円くらいで販売されるとインパクトが強いと思うのですが、Windows XP搭載ですから難しいのでしょうか。

そのくらいの価格だと「とりあえず買っとけ」という需要が、けっこうある気がします。50,000円台だったらちょっと考えるな。

“199ドルノート”の安くない中身に迫る――ASUS「Eee PC」などでレビューを読むことができますが、興味を持っている人も多いのでは?

・A5ミニノートPC
・重量は約0.92キロ
・液晶ディスプレイは7インチワイド
・解像度はWVGA(800×480ドット)
・SDメモリーカードスロット搭載

「胃袋」でもレビューされています。

$199で話題の小型ノートパソコン、ASUS「Eee PC」 (胃袋 -ibukuro-)

サイズでいうと、ちょっと前のWindows CE系の機器を持ち歩いていた人なら、わりと近いところに位置するので想像しやすいかもしれません。

Eee PCとカフェへ〜そして画像加工ツールをインストール (胃袋 -ibukuro-)

さて、撮った写真を加工したりアップロードするためにアプリケーションを2つインストールしました。まずは画像加工ツール「GIMP」です。

Eee PCでイーモバイル「D01HW」を使ってダイヤルアップ接続 (胃袋 -ibukuro-)

するとLinuxでの動作例はあることがわかったので、そこから更に各所の情報を集め、ダイヤルアップ接続が出来るようになりました!

「EeePC」と「iPod shuffle」のE関係? (胃袋 -ibukuro-)

ふと手元にあった「iPod shuffle」をつないでみたら…なんとそのままメディアプレーヤーで認識、楽曲の転送などの管理まで行えることが判明!これにはびっくり。