「フォートラン」開発のジョン・バッカス氏死去という記事より。

米コンピューター大手IBMで1950年代に、プログラム作業の大幅な効率化に貢献したコンピューター言語「フォートラン」を開発。

「FORTRAN」を考案し、1977年にはコンピュータのノーベル賞と言われるチューリング賞も受賞した、ジョン・バッカス氏が死去したそうです。

FORTRAN - Wikipediaをひも解くと、次のように説明されています。

Fortranは科学技術計算用の言語なので、スーパーコンピュータでのプログラミング言語としてよく用いられる。したがって、スーパーコンピュータの高速演算機能を有効に使うための工夫がなされた。

学生時代にコンピュータの授業があり、その中で「FORTRAN」を扱うものもありました。ぼくは受講しませんでしたが。

今でも使われている言語ということで、その功績は大きいですね。ご冥福をお祈りします。