Vista経由で写真を注文、セブン-イレブン店頭でプリントできるサービスという記事より。

Windows フォトギャラリーの「印刷」メニューから、セブン-イレブン店頭プリントを選択し、注文したい画像を選ぶ。さらに、メールアドレスを登録すると、8桁のプリント予約番号がメールで返信される。その後、セブン-イレブンに行き、店頭にあるマルチコピー機でプリント予約番号を入力して、料金を投入するとプリントが実行されるという仕組みだ。

自宅にプリンタがない人でも、Windows Vistaとセブンイレブンを利用すれば写真プリントが可能になるということですね。

普段は写真印刷は利用しないけどたまに印刷したいとか、用紙を買ってきたりプリンタの準備をするのが面倒という人は、コンビニの買い物のついでに受け取れる、と。料金はL版で1枚30円だそうです。

利用者が注文した写真のプリント予約番号を両親や友人など写真を見せたい相手に送れば、全国約11,000店舗のマルチコピー機からプリントできる。予約番号を受け取った相手がプリントする場合も、プリント時にマルチコピー機に料金を投入する形になる。

これはなかなか面白い機能ですが、料金を前払いしておけると良いかもしれませんね。

■関連記事

Vistaを使えば簡単にセブン-イレブンで写真をプリント - MSらが新サービス

Vistaを日本語ロケールで使っている場合にこのサービスが利用できるということで、国外にいてもこれを利用して予約番号を発行、日本にいる家族などがプリントアウトする、ということも可能。

Vistaから写真印刷、「出力はコンビニで」-MS、セブン-イレブン、富士ゼロックスの新サービス

「PCからシームレスに写真印刷ができるほか、店舗での支払によってオンラインサービスと店舗決済が融合されることにより、ユーザーが簡単に写真プリントを注文できる環境が提供できる。これにより、写真プリント市場が拡大することが3社のねらいだ」