Origamiは小型Windows XPマシン、500ドルからという記事より。

OrigamiはWindows XPを走らせるペーパーバックサイズのコンピュータの最初のバージョンだと、Microsoftに近い筋はAssociated Pressに語った。

Microsoft、iPod対抗プロジェクト「Origami」というエントリーを書きましたが、どうやらMicrosoftが開発を進めている「Origami」は、音楽プレーヤーではなく「ウルトラモバイルPC」がその正体のようです。

Tablet PCの延長線上になる製品のようで、

このデバイスは全般的にフル機能のPCよりもパワーは落ちるが、Windows PCの機能をすべて備えているという。小型ということはつまり、必ずしもキーボードが付いているわけではないということだ。

ということで、Windows XPの機能を有した、液晶モニタを搭載した限りなく小さいPCと言えるようです。

「Origami Project」の詳細、3月9日に持ち越しという記事で「Origami Project」のティーザー広告サイトの紹介をしています。

hi there(やあ) wondering where to find me?(わたしはどこにいる?) i am here(都会で) and here(海辺で) way up here(山で) and down here(地下鉄で) even here(ドライブ中に) i am everywhere you are(あなたのいるところなら、どこでも) but never in the way(だが決して邪魔にはならない) whe am i(わたしは誰でしょう?) find out 3.9.06(答えは3月9日に)

かなり断片的な情報なのですが、持ち歩き用のデバイスであることは想像がつきますね。

また記事では、

Microsoftと提携したマーケティングで知られるDigital KitchenのWebサイトから入手したという、そのプロトタイプらしきものの写真がKevin 2.0というブログに掲載されている。

という情報も紹介されています。Kevin 2.0 » Blog Archive » Origami video: the real deal?がソレ。

まさに小型のTablet PCですね。「W-ZERO3」を手にする前であればそそられたかもしれませんが、やはり極限まで小さくてキーボードがあり、さらにPHSを搭載していてどこでもネット接続ができるというのは他にない魅力だと思います。

■関連記事

マイクロソフトの小型タブレットPC「Origami」は“買い”か?

Origamiデバイスを購入するユーザーは、サイズは大きいものの、高速プロセッサや大型ディスプレイ、完全なキーボードを備える、ローエンドなラップトップと比べて、同デバイスの小型性のメリットが上回っているかどうかを見極めなければならない。