IE7ではタブブラウジングを採用、開発チームの公式ブログで明らかにという記事。

Internet Explorer(IE)の次期バージョンであるIE7がタブ機能を採用することが明らかになった。IE開発チームの公式ブログの中で述べられた。

ようやく、という感じもしますね。タブブラウザは本当に便利ですよ。使ったことがないと「タブってなに?」と思うんですが、一つのウィンドウの中でタブを切り替えることで、同時にたくさんのウィンドウが開けるブラウザのことなんですよ。けど、実際には使ってみて貰った方が分かりやすいかも。ちなみに、MacだとSafariもタブブラウザです。もうタブブラウザのない生活なんて考えられない! WindowsではSleipnirを愛用しています。

なかなかIEにタブ機能が実装されなかったことに関しては「複雑さと整合性に関する懸念があった」と説明しつつも、「我々は初めに間違った決定を行なったと思うが、今は正しい決定をしている」と誤りであったことを振り返っています。

■関連記事

IE7はタブブラウザに――IEのBlogで公表

β版でタブを提供する目的は、互換性とセキュリティの実現にあると説明。インターネット上にはIEの各種コンフィギュレーションとアドインが大量に存在しており、こうしたアドインに関するフィードバックを募るとともに、ほかのタブブラウジングに関する脆弱性情報にも注目しているという。