1チップMSX、ケータイ用MSXアプリ発売へ——MSX WORLD 2005という記事より。

MSX関連の商標・権利などを管理する任意団体「MSXアソシエーション」およびアスキーは5月8日、秋葉原ダイビル「秋葉原コンベンションホール」にて「MSX WORLD 2005」を開催した。

「MSX WORLD 2005」にて、1チップMSXに関する発表が行われたそうです。

1チップMSXは、5月中旬より予約受け付けのためのWebサイトを開設されるという。仕様としては、ボードに日本アルテラ製PLD(プログラマブル・ロジック・デバイス)のFPGA(フィールドプログラマブルゲートアレイ)「Cyclone EP1C12Q240C8」を搭載する。

ソニーのMSX2マシンを所有していたことがありました。VAIOより遥か以前に、ソニーのPCを所有していたんだ! って今、思いました。

だからという訳ではないんですが、1チップMSXという響きには、多いにそそられます。

PLDとは「ソフトウエアで回路を設計することが可能なプロセッサ全般」のことで、1チップMSXでは、MSX規格の初期モデルとなる「MSX1」相当のハードウエアをエミュレーションで再現するそうです。

エミュレーションという言葉にも弱い‥‥。

MSX用のROMカートリッジスロットを1基、メディアスロットとしてSD/MMCカードスロットを1基、キーボード接続用のPS/2ポート、画面出力端子としてコンポジットないしVGA端子を備えており、家庭用TVへの出力も可能。

なお、1チップMSXの開発を請け負ったのは「似非職人工房」という個人ユーザによるグループだそうです。

価格は19,800円ですが、必要最低注文数は5,000台で、予約開始から2か月間で予約が集まらない場合は販売中止となってしまうというそうです。しかし、西氏が「5000台の予約数に満たなかった場合には、自分のポケットマネーで不足分を全部買ってでも発売してみせる!」と宣言しているんだとか。

何に使うか分からないんですけど、欲しいなぁ。

また、携帯電話向けのMSXエミュレータも併せて発表されたそうです。

「NTTドコモの携帯電話、FOMA上で動作するiアプリ版MSXエミュレータがほぼ完成、MSX1規格に対応するエミュレータが正常に動作している」とし、ソフトとセットで年内サービス開始を予定していると述べた。

MSX MAGAZINE永久保存版3

MSX MAGAZINE永久保存版3