東芝、3年ぶりに「libretto」シリーズ復活〜高画質化機能搭載などでAVを重視という記事より。

株式会社東芝は、CPUにPentium Mを採用した1スピンドルノートPC「libretto U100」シリーズを4月下旬より順次発売する。搭載OSはWindows XP Home Edition(SP2)。

おおう「libretto」が復活ですかー。このカテゴリーに新たなモデルが登場するのは、ワクワクしますね。草分け的な存在でしたからね。

価格はすべてオープンプライスで、店頭予想価格は「リブレットDVDドック」とOffice Personal Editon 2003付きモデルが24万円前後、なしモデルが19万円前後の見込み。

A5サイズで1kgを切っていて、AV重視のモバイルノートだそうです。本体サイズは210×165×29.8〜33.4mm、重量は本体のみで約999g、DVDドック付きで約1,499gとのこと。横幅21cm! 小さい! 写真で見ると、CDケース1枚半くらいですね。天板のデザインもなかなかカッコイイです。

東芝libretto U100/190DSW (P-M733,256MB,7.2"TFT,DVD-SuperMulti,無線LAN) [PAU100190DSW]
東芝libretto U100/190NLB (P-M733,256MB,7.2"TFT,無線LAN ) [PAU100190NLB]
東芝libretto U100/190DSB (P-M733,256MB,7.2"TFT,DVD-SuperMulti,無線LAN ) [PAU100190DSB]

■関連記事

東芝ノートPC 20周年記念新製品発表会〜librettoスケルトンモデルや基板も公開

「Librettoの名称を継承した意図はどこにあるのか」という質問がされ、「社内でもかなりの議論があった。だが、ユーザーの方からも、Librettoを中断して以降「Librettoはどうなったのか」という声を国内だけでなく、欧米のユーザーからも多くいただいた。もちろん技術的には出せる確信があったが、そのタイミングを図っていた。特に初代Librettoを出した当時はビジネス用途的な方向性が強かったが、今のPCにはエンターテイメント性も求められる。そこで、AV機能を強化した新しい提案をしよう、ということで今回の製品化となった」などと説明した。

東芝、20周年記念モデル「libretto U100」と「dynabook SS SX」を発表

libretto U100には「低損失スタックビア構造基板」に加え「両面実装(オーバーレイ)技術」を採用。基板の表にCPU、裏にチップセットと重ねて実装することで、さらに基板を小さくしている。また、利用する電子部品も携帯電話やデジタルカメラなどに用いられる小型のものを採用している。