アドビ、4900円の廉価版PDF作成ツール「Acrobat 7.0 Elements」という記事より。

アドビシステムズは4月6日、PDFの生成や編集、管理ソフトウェアであるAdobe Acrobat 7.0ファミリー製品に、新たに最廉価版の「Adobe Acrobat 7.0 Elements 日本語版パッケージ」を加え、4月22日から発売すると発表した。

これまでのラインナップはプロ向けの「Adobe Acrobat Professional」、一般ビジネスユーザー向けの「Adobe Acrobat Standard」でしたが、Elementsは機能をPDFファイルの作成に絞った形で提供されるそうです。

単純にPDFを作成したいというニーズに対応し、1本ごとに購入できるように販売形態を柔軟にしたため、Elementsのターゲットは大企業から中小企業、SOHO事業者、個人など幅広い。

実際に、非常に安価に購入できるPDF作成ソフトや、無料ソフトの台頭も無関係ではないのでしょう。

PDFに変換したいファイルをデスクトップにあるElementsのアイコン上にドラッグ&ドロップしたり、ファイルのアイコンを右クリックして「Adobe PDFへの変換」をクリックしたりすれば変換が可能だ。

仕事ではお客さんにファイルを送る時にけっこうPDFは使用するので、本当に手軽に安価に利用できるとありがたいですね。Adobe Acrobat 7.0 Standard 日本語版 Windows版は35,800円もして、これだったら安いソフトを購入してしまいますよね。