HP、新CEO兼社長を社外から登用〜NCRのマーク・ハード氏だそうです。

米Hewlett Packard(HP)は29日(現地時間)、カーリー・フィオリーナ氏の後継としてマーク・ハード氏をCEO(最高経営責任者)兼社長に任命したと発表した。4月1日付けで就任する。

「マーク・ハード氏は、ATM(現金自動預け払い機)をはじめとする金融関係のソリューションを手がける米NCRの現CEO兼社長」だったそうで、NCRでは25年間に渡り勤務していたとのこと。48歳。

■関連記事

HP、NCRのCEOを次期最高経営責任者に指名

「自分がCEOを務めている間に、NCRが成し遂げたことを非常に誇りに思っている。NCRには、先進的なテクノロジーと有望な市場があり、業務遂行に力を注ぐ経営陣もいるため、この勢いは今後も続くことになるだろう」と、Hurdは声明のなかで述べている。