Firefox 1.0ベースの「Netscape 8」べータ版~IEの描画エンジンも選択可能という記事より。

Netscape 8の特徴は、アクティブなタブの右側に表示される「盾」のような「サイトコントロールアイコン」をクリックすると表示される設定画面から、サイトごとに信頼度を設定して、それに応じた機能制限がかけられる。Netscapeではサイトの信頼度を評価した「Netscape Trust Rating List」を提供。信頼度の低いサイトにアクセスしようとすると警告を表示する。なお、Trust Rating Listは、初期設定で1時間おきに更新されるようになっている。また、MozillaのGeckoエンジンとIEのレンダリングエンジンのいずれかを選択できる。

Netscape Communicationsは、Firefoxのコードを元に開発されたタブ切り替え型ブラウザ「Netscape 8」ベータ版(バージョン0.9.6)を公開しました。Windows XP/2000/Me/98SEに対応。

Netscapeでは正式版に向けて、ログイン時のパスワード入力以外にも利用できる入力フォームへの自動入力をサポートする予定だそうです。

■関連記事

レンダリングエンジンを切り替えられる「Netscape 8」のβ版公開

Netscape Networkは、Netscapeブラウザの新バージョンとなる「Netscape 8」のベータ版を公開した。使いやすさと充実したセキュリティ機能を追求したWebブラウザで、MozillaのGeckoエンジンとIEのレンダリングエンジンの両方を利用できるのが特徴だ。昨年12月にリリースされたベータテスター向けのプロトタイプはFireFox v0.9.3がベースだったが、β版はFireFox1.0を利用している。

Netscape 8.0のβ公開

Netscapeブラウザ新版8.0のβ版が公開された。フィッシング詐欺やスパイウェアなどの問題増加に対応してセキュリティ強化が図られている。