ブラウザ市場でIEのシェア低下止まらずという記事より。いったんこういう記事が出始めると、なんだか“止まらない感”がありますね。

市場調査会社WebSideStoryによると、12月上旬から1月下旬にかけ、IEの市場シェアは1.5ポイント下がって90.3%となった。一方Mozilla ProjectのFirefoxブラウザは0.9ポイント伸びて5.0%となっている。IEのシェアは、WebSideStoryの調査で6月には95.5%だったが、それ以降、各種調査で低下が示されている。

■関連記事

Firefoxの人気上昇続く――IEのシェアをさらに侵食

「われわれの調査で、ユーザーの多くが2つのブラウザを併用しているものの、Firefoxに完全に乗り換えたユーザーもいることがわかった」と、WebSideStoryのアナリスト、Geoff Johnstonは述べている。