「IBMがPC事業売却」の報道という記事より。

記事によると、IBMは中国最大のPCメーカーLenovo Groupと売却交渉をしており、売却先候補は少なくとももう1社あるという。売却額と交渉の状況については記されていない。

IBMがPC事業売却を交渉中、というニュースが駆けめぐりました。これも時代? そんな一言では片づけられないような重さも感じます。日本語表示が可能になった頃、DOS/Vとか言われて元巨人の藤田氏がテレビCMをやっていたんじゃないかとか、そんなことが頭をよぎりました。売却とは全く関係ないのですが、走馬燈のようなものでしょうか。

ThinkPadにはファンも多いと思いますので、今後の展開が気になるところです。

IBM ThinkPad R40e (C 2.20GHz 256MB 20GB XPH 14.1"TFT) [2684KPJ](98,700円+ポイント還元最大15%)

IBM ThinkPad R40e (C 2.20GHz 256MB 20GB XPH 14.1

■関連記事

IBM、パソコン事業から撤退か

IT調査会社の Gartner (NYSE:IT) が行なったパソコン市場シェア調査によれば、IBM のシェアはわずか5.6%で、16.8%の Dell (NASDAQ:DELL)、15%の Hewlett-Packard (NYSE:HPQ) に大きく水をあけられての3位となっている。IBM の通期売上920億ドルのうち、パソコン事業の売上が占める割合は約12%だ。

PC事業売却はIBMにとって「賢明な選択」か?

「私に言わせれば、(PC部門の売却は)まったく理にかなっていない。同社にとってPC事業は大きなプロフィットセンターでこそないが、同社の足を深刻に引っ張っているわけでもない。顧客はIBMブランドを求めている」