安全に「Windows XP SP 2」をインストールできないものかというエントリーを書いたところ、早速Milanoさんとうららさんからトラックバックで「Windows XP SP 2」の自動アップデートを止める方法なるものを教えて頂きました。

XPのSP2の更新がウザイ人は
WindowsXP SP2を巡って

要するに、とりあえず「Windows XP SP 2」はインストールしない方が良さそうな雰囲気なので、ぼくのPCも「Windows XP SP 2」へのアップデートは見合わせておこうと思います。

ちなみにうららさんからご紹介頂いたのは@ITの記事です。

Windows XP SP2のWindows Update/自動更新での適用を一時的に保留する

このためマイクロソフトは、管理者が検証を終えるまでこれらでのXP SP2の適用を禁止できるしくみを作り、ツールを公開した。

「管理者が検証を終えるまで」アップデートを止めておくツール、だそうです。検証できない一般の人はどうしたらいいですか、これ。とりあえず止めたら、なんだかそのまま止めておくべきのような気もしてきてしまいました。

今回のXP SP2では、WindowsファイアウォールやInternet Explorer(IE)、Outlook Expressなどで大幅なセキュリティ強化がなされており、より安全性の高いWindows環境を実現可能にした。しかしその半面で仕様も大幅に変更された部分があり、適用によって従来使えていたソフトウェアで不具合が生じるなどの危険も大きい

うーん、困りますね。なんとなく、きちんと「Windows XP SP 2」が適用できる日は来ないような気がする。とりあえず新規インストールしてください、みたいな結果になりそうな予感も。ごくごく普通の人は対応できないだろうなぁ。どうなるんでしょうか。