使い続けたPCはなぜ遅くなるのか。その解決法とは?という記事より。レジストリの肥大化の影響が大きいとのことですが、あまりそういうことは気にせずにPCを使えるようになって欲しいものですね。

原因は、Windowsの方にある。Windowsは、使い続けていくうちにだんだんと“ゴミ”がたまっていくからだ。それは、とうにアンインストールしたはずのアプリケーションの残滓だったり、何かの拍子で変更されてしまった不適切な設定情報だったりする。そういった“ゴミ”が蓄積されるにつれて、Windowsの動作を不安定にしたり、パフォーマンスの低下を招くのだ。

■関連記事

PCをクリーンナップする「DiskX Tools」

PCに蓄積したさまざまな“ゴミ”を除去して、購入当時のような軽快さを取り戻したいのは山々なのだが、それを自力で行うにはそれ相応のスキルが要求されるし、何より手間がかかりすぎる。もっと簡易に、なおかつ安全にPCのクリーンアップを行うには、やはりソフトを活用するのが一番だ。