P2P電話のSkype、一般電話への通話サービスを日本でも開始予定だそうです。

P2P電話ソフトウェア「Skype」を開発しているSkype Technologies S.A.が15日に新バージョン「0.98.0.28」を公開したが、この中には今年夏ごろにスタートするサービス「SkypeOut」機能が含まれている。これはSkypeから一般電話に通話できるサービスの名称で、日本でもこのサービスを提供する予定だという。

「Skype」は評判いい感じですよね。特に音質が良いと聞きます。一般電話に通話できるサービスが日本でも開始予定ということで、楽しみですね。

Skypeは、P2Pの特性を活かしながら高音質の会話が可能な新種のアプリケーションとして世界中で人気があり、現在ベータテストが行なわれている。インターフェイスも日本語化され、日本国内にも多くの利用者がいることが知られている。Windows XP/2000に対応している。

是非、Mac OS X版も欲しいところ。

一般電話への通話サービスは「SkypeOut」というそうです。

Skypeを使って日本国内に限らず、世界中と通話できるようになる予定だとしている。なお、通話料金などの詳細に関しては今後SkypeのWebサイトで発表される予定だ。

■関連記事

P2P電話「Skype」のLinux用ベータ版発表

Skypeの創業者兼CEOであるNiklas Zennstrom氏は、「我々は、10カ月前にWindows用のSkypeベータ版を発表したときから、Linuxバージョンへの強い要望を受けていた」とコメントしている。