デルがついに国内プリンタ市場に参入、価格は1万3800円からというニュースより。

デルは6月3日、国内プリンタ市場に参入すると発表した。同日よりインクジェット複合機とモノクロレーザープリンタの販売を開始する。

インクジェット複合機「オールインワンプリンタ922」はプリンタ機能、カラーコピー、スキャナ機能を備えて13,800円だそうです。安い! 印刷速度はカラーが毎分14枚、モノクロが同19枚だそうです。「レーザープリンタ1700n」は29,800円。

「いずれも同クラスの実勢価格に比べて30%以上安い。デルの優れたサプライチェーンとコスト構造がなしえた価格だ」と副社長がコメントしていますが、確かにその通り。ただ、印刷するのは写真が多いでしょうから、その辺のクォリティが気になりますね。あとはいくら本体が安くても、ランニングコストが高くつくのは困ります。

残量が25%以下になるとPC上に警告を表示し、同社のオンラインストアに簡単にアクセスできるようにした。

デザインはDell風味で、なかなかスタイリッシュで良いのではないでしょうか。

Amazonで人気の複合機を調べてみる

■関連記事

デル、プリンタ事業に参入――カラーインクジェット複合機とモノクロレーザープリンタを発表

デル オールインワンプリンタ922には、ブラック、カラー、フォトの3種類のインクが用意される。インクカートリッジの価格はそれぞれ標準容量で1980円、2480円、2280円。ブラックとカラーには大容量カートリッジもあり、それぞれ2480円、2980円。

デルモデルは日本のプリンタ事情に通用するか

「インクジェットプリンタで言えば、単機能機の市場は縮小しつつあり、複合機にシェアを奪われている。レーザープリンタとインクジェット複合機。この2つが日本で最も大きいプリンタ市場を形成しているから参入する。伸びるカテゴリでビジネスを展開するのがデルのスタイル」と述べ、今後一層拡大していく複合機市場でのシェア獲得に自信を見せた。

デルがプリンタ事業に参入、オールインワンプリンタを1万3800円で

デル株式会社は2004年6月3日、同社の戦略的分野である「ソフトウェア&周辺機器」ビジネス強化の一環として新たにプリンタ事業に参入すると発表した。手間とコストを省く直販モデルのメリットを活かし、競争力のある価格で販売する。