Windowsのシェア、2007年には58%に?という、ちょっと驚いたニュース。

MicrosoftはWindowsで現在、クライアントOS市場の約90%を握っているが、徐々に新しいデバイスが登場し、2007年までにWindowsのシェアは58%に落ち込むと同氏は予測している。

現在、クライアントOSではWindowsが90%を握っており、それがわずか3年後には58%になるというのですから、ちょっと驚きなニュース。IDCアジア太平洋コンピューティングシステム調査担当副社長、アブニーシュ・サクシーナ氏が、シンガポールで開催されているIDC Directionsカンファレンスで発言したそうで、どういうシチュエーションか分からないので難しいところもありますが、Windows独占は終わりを告げるよという、そんな予言だと思います。Microsoftがすぐに反論しそうですが。

Windows以外のOSが伸びるということは、やはりLinux系の格安PCのシェアが拡大するということなんでしょうね。

なお「サーバ市場ではUNIXが36%、Windowsが35%、Linuxが15%のシェアになる」とも予測されています。