MSとSunが全面和解、技術協力推進へというニュース。

米MicrosoftとSun Microsystemsが争っていた訴訟で両社が4月2日、和解合意に至り、係争中のすべての訴訟を終結させると発表した。MicrosoftからSunに19億5000万ドルを支払って新たに10年間の技術提携を結び、長年にわたって争ってきた両社が相互の製品の連携強化に向けて手を組むことになる。

なんだか感慨深いものがあります。Sunも、これ以上争うことは得策ではない、という判断なんでしょうね。生き残りがかかっている気がします。そういえば、AppleもMSからお金を貰ったんだよなぁ。あれも衝撃的だったけれど。

■関連記事

昨日の敵は今日の友――サンとマイクロソフトが和解

今回締結された10年間の契約のなかで、MicrosoftはSunに対して、独禁法違反をめぐる訴訟の和解金7億ドルと、特許問題の和解金9億ドルを支払うことに合意した。

Sun-Microsoft全面和解への“賛”と“否”

それでもSunはまだ問題を抱えている。Microsoftとの和解合意というビッグニュースを吹き飛ばすかのように、同社は2日、1月-3月期決算で最大8億1000万ドルの赤字を計上する見込みであり、さらには現在進めているコスト削減の一環として従業員3300人を解雇すると明らかにした