Mozilla Firebirdブラウザ、紆余曲折の末「Firefox」になりました。

Firefoxは、サイズが大きすぎると批判されていた現行Mozillaブラウザの軽量版。バージョン1.0が登場する前から2回も名称が変更され、Firefoxは3つ目の名前となる。

Phoenix→Firebirdときて、ようやく「Firefox」で落ち着きそうです。もう少し安定したら使ってみたいなぁ、と思っています。それまでにSafariも、もっと進化して欲しいものですが。

■関連記事

新名称はレッサーパンダ - Mozilla Firebirdがバージョンアップ・名称変更

バージョンは「 0.8」で、ダウンロードマネージャーやブックマーク機能の拡張などの改良が行われている。Windows/Mac OS X/Linux版が用意されており、Windows版は新たなインストーラーを備え、より快適なインストールが可能になっているほか、Mac OS X版にはデフォルトで新しいテーマファイルが同梱されている。

Mozillaブラウザ、新名称は「Firefox」で落着

Firefox 1.0の開発は、Thunderbirdと呼ばれる電子メールクライアントとともに、今年前半中に完了すると見られている。