新ウイルス「MyDoom」が急拡散しているそうです。

大量メール送信型の新ウイルス「MyDoom」が、電子メールの送信エラーを装ってコンピュータに感染を広げているとして、ウイルス対策各社が1月26日注意を呼び掛けた。

「Mail Delivery System」「Test」「Mail Transaction Failed」など複数の件名で届き、感染すると遠隔操作が可能なプログラムをインストールし、そのPCからSCO GroupのWebサーバへデータの送信を開始するそうです。

「MyDoom」ウイルスの被害急拡大、SCO攻撃が目的か

SCO GroupはオープンソースOSのLinuxの中核部分に、SCOのUNIX著作権が不正流用されたと主張し、Linuxコミュニティーの怒りを買っている。

このような理由から、DoS攻撃が行われているようです。