兵庫県洲本市、庁内クライアントPCに「OpenOffice.org」を導入だそうです。

兵庫県洲本市の庁内LAN一新にあたり、約280台のクライアントPCの統一環境として、WindowsとLinuxのデュアルブート対応を図った。オフィス製品としては、オープンソースの「OpenOffice.org」をWindows側にもインストールし、Linuxとのドキュメント共存を実現する。

IT特区して推進している「OSCA(Open Source Community in Awaji)プロジェクト」の一環だそうです。

ぼくも自宅のWindowsではOpenOffice.orgを使用していますが、そんなに凝った使い方はしていませんが普通に使えています。何より無料でオフィスソフトが使えるというのは本当にありがたいことです。最近では、1,980円でStarSuiteなども購入できるようになっておりますが。

OpenOffice.org日本ユーザ会