スポンサードリンク

Opera、Googleバナーが選択可能に

スポンサードリンク

Opera、Windows版「Opera 7.2」正式版を発表 - Googleバナーも選択可能にというニュース。広告なしは39ドルですが、広告ありバージョンは無料で使用することができます。その広告にバナーに加えてGoogleのテキスト広告が加わったということなんです。

広告では、従来の画像ベースのものに加え、Googleが提供する文字ベースの広告を選択することができるようになった。

スポンサードリンク

これ、面白いですね。GoogleはAdSenseなどで検索エンジン以外にも広告ネットワークを広げつつありますが、こういうのもアリなんだ。Googleの広告が表示されているのはコチラの画面なんですが、どういうタイミングで広告が出るんだろう。見ているページに依存するのかな。

スポンサードリンク

前へ

Apple、Mac OS X 10.2.8提供を一時中止

次へ

WindowsとMac間でブックマークを同期するJavaアプリケーション