http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0702/ibm.htm

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は自社製中古PC製品を「IBM Refreshed PC(IBMリフレッシュPC)」と名づけ、サポート体制を整備することで、回収・再生・販売事業を強化する。

いいことですね。少々古いマシンでも、LinuxやFreeBSDなどをインストールすれば、ウェブブラウズやサーバ用途には適しているのではないかと思います。実際、このネタフルのウェブも、読者の方から頂いたThink Pad 560xというマシンに、FreeBSDをインストールして動かしているのです。

最近、いざという時のマシントラブルが心配だったので、代替用マシンを一台確保したいと思っていたところなのです。このThink Pad 560xは静かだしデザインもいいので、またIBMのノートPCがいいなぁ、と思っていところにグッドタイミング。価格次第ですが、候補です。「IBM Refreshed PCは7月上旬から、ソフマップ、ツクモ、上新電機など、主に中古品を取り扱うPC量販店で販売される」とのこと。