スポンサードリンク

【PayPay】2019年6月より最大20%還元の「ワクワクペイペイ」キャンペーン実施 〜第1弾はドラッグストア

スポンサードリンク

【PayPay】2019年6月より最大20%還元の「ワクワクペイペイ」キャンペーン実施 〜第1弾はドラッグストア

PayPay」が第2弾100億円キャンペーン終了後のキャンペーンに関して、2019年6月より最大20%還元の「ワクワクペイペイ」キャンペーンを開始することを発表しました。

スポンサードリンク

PayPay「ワクワクペイペイ」キャンペーン

2019年6月よりスタートする第1弾「ワクワクペイペイ」キャンペーンは、ドラッグストアが対象となります。

期間:2019年6月1日 ~ 6月30日

対象加盟店:ドラッグストアとして登録されている全国のPayPay加盟店
※ 対象となる加盟店はキャンペーン詳細発表時にキャンペーンサイトにてお知らせします。

キャンペーン内容:
1.「PayPay」ならいつでも戻ってくる
対象加盟店での「PayPay」による支払いで、支払額の最大10%が戻ってくる。さらに、ソフトバンクまたはワイモバイルのスマートフォンユーザー、ならびにYahoo!プレミアム会員なら、支払額の最大20%が戻ってくる。
2.お買い物ごとに抽選で当たる「PayPayチャンス」の当選確率アップ
ソフトバンクまたはワイモバイルのスマートフォンユーザー、ならびにYahoo!プレミアム会員なら、対象加盟店での「PayPay」による支払いで、通常20回に1回の確率で当たる「PayPayチャンス」の当選確率が、10回に1回にアップ。

つまり、こういうことのようです。

【PayPay】2019年6月より最大20%還元の「ワクワクペイペイ」キャンペーン実施 〜第1弾はドラッグストア

ソフトバンク、ワイモバイル、Yahoo!プレミアム会員なら最大20%ポイント還元になるけれど、そうでない場合は最大10%です。ソフトバンクグループの利用者の囲い込み施策が始まります。

囲い込み施策は仕方のないところだと思いますし、10%ポイント還元でも大きいと思いますが、LINE Payとの争いにどう影響するでしょうか。

少なからずスマホ決済に参入しているサービスは、携帯電話の大手キャリアと繋がりがあります。

囲い込みが相乗効果をもたらすのか、それとも利用者でない人が離れてしまうのか、なかなか難しいところではあります。

同じタイミングでLINE Payが20%ポイント還元をすれば、PayPayではなくLINE Payを使うでしょうしね。

と考えると、まだ囲い込みせずに広くユーザーを集めていくタイミングなのかもしれませんが。ただし、チキンレース‥‥。

スマホ決済をチェック

楽天PayPayPayLINE Payメルペイd払いOrigami PayゆうちょPay

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【PayPay】支払いごとに付与されるポイント還元「PayPayボーナス」を3%に変更

次へ

ヤフー、PayPayのポイント還元負担で利益が40%も減少