スポンサードリンク

【PayPay】通常のポイント還元率は0.5%

スポンサードリンク

【PayPay】通常のポイント還元率は0.5%

100億円を還元しきるまでの「PayPay」のポイント還元20%キャンペーンが終了すると、果たして通常のポイント還元率は何パーセントになるのでしょうか? みなさん、把握してましたか?

通常のポイント還元率は0.5%です。

スポンサードリンク

「PayPay」通常のポイント還元率は0.5%

100億円キャンペーンを開始するまで興味を持っていなかったので、実はぼくも知りませんでした。改めて調べてみると0.5%でした。

次のように記載されています。

「PayPay」の通常ポイントに関して

PayPayでのお支払いで0.5%還元
※本企画は期間を定めたキャンペーンではありません

■対象のお客様
PayPayでお支払いされた方。
※全てのお支払い方法が対象となります。

■特典詳細
PayPayでお支払いの場合、お支払い金額の0.5%相当のPayPayボーナスを付与します。
付与時期は別途当社が定める時期とします。
※お一人様につき、付与上限5,000円相当/月

つまりポイント還元率は0.5%、使用金額100万円で5,000円分の付与が上限となります。

果たして100億円で終わるのか?

通常が0.5%だから、いまの20%がいかにおかしな状態かよく分かりますよね。それにしても、100億円に関しては残りがどのくらいなのか分かりません。キャンペーンはいつまで続くのでしょうか?

キャンペーンページには次のように記述があります。

※キャンペーン期間中であっても対象のキャンペーンにおいて、PayPay株式会社の負担する付与金額が100億円に達した場合、本キャンペーンは途中終了いたします。また、付与金額を追加する可能性があります。その場合はPayPayホームページにて事前告知を予定しています。

100億円に到達したら終わるかもしれないし、もしかすると付与金額が追加されるかもしれない、と。

キャンペーン期間は2019年3月31日までとなっていますが、それまで100億円は間違いなくもたないでしょう。

あとは「PayPay」としてどのくらいのユーザー数を獲得したいか、獲得できたか、によってキャンペーンを継続するかどうかを判断することになるのでしょうね。

もしかすると、さらに100億円を投入して他のスマホ決済サービスを殺しにかかってくる可能性もあります。

たかが0.5%とも言えない

そして大事なことですが「PayPay」の場合は0.5%というポイント還元率を「低い」とひと言で片付けられない側面もあります。

それは登録できるクレジットカードのポイント還元も得られる点で、例えば多くの人が試している「Kyash」のVISAカードを「PayPay」に登録したような場合だと、現時点では「Kyash」の利用に2%還元がありますので合算して2.5%ポイント還元となります。

さらに「Kyash」に登録しているクレジットカードのポイント還元率が1%であればさらに合算して3.5%となります。「PayPay」が使える店であることが前提になりますが、これはなかなか魅力的な数字です。

もし20%ポイント還元が終了しても、

・PayPay対応店舗なら「kyash」を登録して支払い

というのが、ポイント獲得の上では得策となりそうです。ただし「Kyash」が2%還元を続けるという前提ですが。

もしも「PayPay」「LINE Pay」で覇権を争うのであれば「PayPay」としては「LINE Pay」よりも高い還元率となるようポイント還元率を調整してくることは考えられるでしょう。

「LINE Pay」のマイカラー制度だと10万円以上を使わないと2%ポイント還元にはなりません。これは一般の人にはなかなかハードルが高いでしょう。

だから「PayPay」がポイント還元率を1%にしたとしても「Kyash」との合わせ技で3%になるので、どちらも利用可能な店での選択肢としては「PayPay」になるのだろうな、と考えます。

いずれにせよ、100億円キャンペーンがいつ終了するのか、が最大の焦点かもしれません。あと「Kyash」の2%ポイント還元も。

【PayPay】ペイペイのペイジ【まとめ】

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

「ねぎ焼 やまもと 梅田エスト店」人生で最も美味いねぎ焼を食べた

次へ

【セブンイレブン】「ふんわりコッペのコンビーフポテトロール」ふわふわの白いパン‥‥