スポンサードリンク

【PayPay】ペイペイ残高の有効期限は?

スポンサードリンク

【PayPay】ペイペイ残高の有効期限は?

PayPay」の100億円還元キャンペーンで利用者が急増していますが、早ければ2019年1月から還元される「ペイペイ残高」の有効期限はどのくらいあるのでしょうか?

スポンサードリンク

こんなやり取りから‥‥

元々はTwitterでのこんなやり取りが始まりでした。

まさか半年でなくなってしまうとは思いませんでしたが、そういえば、きちんと「ペイペイ残高」の有効期限というのは調べたことがありませんでした。

そこで「ペイペイ残高」の有効期限を調べてみました!

「ペイペイ残高」の有効期限は?

まず、そもそも電子マネー「PayPay残高」の内訳は2種類あることが分かりました。

PayPayライト:Yahoo! JAPANカードや、Yahoo!ウォレットの預金払い用口座からPayPay残高にチャージした金額

PayPayボーナス:特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された金額

「PayPayライト」と「PayPayボーナス」を総称して「PayPay残高」と言います。両方がある場合は「PayPayボーナス」での支払いから優先されます。

そして肝心の有効期限ですが、PayPayライトまたはPayPayボーナスいずれかの残高が変動した日から2年後です。

つまり、残高が動かなくなった状態から2年後に有効期限を迎えるということで、付与されてからではないようです。

有効期限が2年間あれば「ペイペイ残高」も使い切ることができるでしょうね!

「PayPayライト」と「PayPayボーナス」の内訳を確認する方法

自分の手元にある「PayPay残高」の内訳で「PayPayライト」と「PayPayボーナス」の残高がそれぞれどのくらい残っているかはアプリから確認することができます。

【PayPay】ペイペイ残高の有効期限は?

画面下部にある「残高」タブを開き「内訳を見る」で「PayPayライト」と「PayPayボーナス」のそれぞれの残高を確認できます。

アプリをインストールした際に付与された500円は「PayPayボーナス」として付与されたことが分かります。

「PayPayボーナス」は送金できない

今回の100億円キャンペーンで付与されるのも「PayPayボーナス」だと思いますが、これは友人への送金には利用することができません。「円」とついていますが、現金のように見えて現金ではないのですね。

「PayPay残高」のまとめ

「PayPay残高」の内訳には「PayPayライト」と「PayPayボーナス」がある。有効期限は残高の変動から2年間。「PayPayボーナス」は送金できないということが分かりました。

【PayPay】ペイペイのペイジ【まとめ】

関連記事

【PayPay】利用可能店舗の一覧(リンク付き)

【PayPay】ペイペイ残高とクレジットカードの関係

【PayPay】ファミマで使ってみた

スポンサードリンク

前へ

「Echo Dot 第3世代 (Newモデル) 」46%オフの3,240円の上に2台でさらに1,000円引き、つまり‥‥

次へ

水がなくなりそうになったら自分でAmazon DashするIoTウォーターサーバーが登場(通信料も無料)