スポンサードリンク

スマホ決済「PayPay」ソフトバンクとヤフーの合弁会社が2018年秋に提供開始へ

スポンサードリンク

スマホ決済「PayPay」ソフトバンクとヤフーの合弁会社が2018年秋に提供開始へ

ソフトバンクとヤフーの合弁会社であるPayPay(ペイペイ)株式会社が、2018年秋にスマホ決済サービス「PayPay」の提供を開始することを発表しました。

ソフトバンクとヤフーの合弁会社が、インドのPaytmと連携し、 バーコードを使った新たなスマホ決済サービス「PayPay」を今秋提供開始というプレスリリースが出ています。

ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)とヤフー株式会社(以下、ヤフー)の合弁会社であるPayPay(ペイペイ)株式会社は、バーコードやQRコードを使って決済ができる新たなスマホ決済サービス「PayPay」の提供を2018年秋から開始します。

スポンサードリンク

LINE Pay楽天ペイKyashd払いゆうちょPayなどに続き、ヤフーとソフトバンクが「PayPay」でスマホ決済に参入です。

「PayPay」はソフトバンク・ビジョン・ファンドが投資するインド最大の決済サービス事業者である「Paytm」から技術供与を受けるということです。

2018年6月にヤフーアプリが「コード支払い」に対応していたのですが、こちらは提供終了予定とのことです。「PayPay」に集約するのですね。

「PayPay」は「PayPay」専用アプリ、または「Yahoo! JAPAN」アプリから利用できるようになります。

スマホ決済は加盟店の数が肝になりますが、店舗側が負担する決済手数料を開始から3年間無料にするとしています。

ポイント還元でLINE PayとKyashが熱い火花を散らしているところですが「PayPay」もそこに参戦してくるのでしょうか?

スポンサードリンク

前へ

Amazonプライムビデオ「劇場版ドラゴンボール」19作が追加

次へ

【LINE】玉屋〜♪「花火」と送信するとトーク画面に花火が打ち上がる