Shouchiku 5820

押上散策。「かどや」に続く2軒目は、もつ焼きの店「松竹」に行ってみました。いかがでしょうか、この店構え。渋い、渋すぎる。久しぶりにオジさんしかいない大衆酒場です。オジさんたちも昭和のアニメ談義をしていたり。で、もつ焼き屋なのにもつ焼きがない件です。常連さんが「もつ焼きはないけどいい?」と。

「松竹(押上)」もつ焼きのないもつ焼き屋

なんでも、もつ焼きを焼いていた大女将は2013年に引退されたそうで、今はおでんの店になっていました。店内はオジさんだけで満席で「外でもいい?」と女将さん。いいですよ、と。

Shouchiku 5822

路上!

こういうの、嫌いじゃないです。

Shouchiku 5824

500円のシャリキンホッピーセットにご機嫌なオジさんたち。

Shouchiku 5825

シャリキンは、キンキンに凍らせたキンミヤ焼酎です。最近、このタイプのキンミヤを見かけますね。新橋の「美味ぇ津(うめづ)」」もそうでした。

Shouchiku 5826

ちょっと涼しくなってきましたから、外で呑むにもいい塩梅です。

Shouchiku 5828

お通しのひじき。

Shouchiku 5829

定番のモツ煮。全て、カウンター席に座っている常連さんが運んでくれます。

Shouchiku 5830

今はメインとなったおでん。常連さんにどのくらい通っているのか聞いたら「まだ8年ですよ」と。もともと職場が近くにあって通うようになったそうですが、今は途中下車して「松竹」に足を運んでいるそうです。実家みたいなものなんでしょうね。多分。

Shouchiku 5831

女将さんが店の外まで出てきて「セールにきちゃった、あと山かけが二つなの」なんてかわいらしいことを言うので、注文した山かけ。

Shouchiku 5832

大衆酒場オブ大衆酒場。「松竹」はオジさんしかいない、激シブの大衆酒場でございました。

ごちそうさま!!!

松竹(押上)

関連ランキング:もつ焼き | 押上駅とうきょうスカイツリー駅本所吾妻橋駅