Eco cube shinsaibashi 7255

旅出張といえばカプセルホテル、カプセルホテルといえば旅出張。

そんな感じで旅ではカプセルホテルに宿泊することが多いです。そこそこ呑んで深夜にホテルに戻り、シャワーを浴びて朝まで寝られれば良いので、カプセルホテルで十分なことがほとんどです。ということで今回、大阪で宿泊したカプセルホテルは「B&Sエコキューブ心斎橋」です。検索したら大阪はカプセルホテルが多いですが、特に安かったのが「B&Sエコキューブ心斎橋」です。なんと1泊2,000円です!

↑の看板では3,000円〜となっているのですが、ぼくが予約した楽天トラベルでは2,100円でした。シーズンによっても違うようなので、いくつかの旅行予約サイトで比較してみると良いかと思います。

「B&Sエコキューブ心斎橋」の立地と施設

最寄り駅は心斎橋駅と難波駅です。場所はちょうど中間くらいで、どちらの駅からも徒歩5分ほどだと思います。心斎橋の繁華街も近く、非常に良い立地です。それでいてこの値段ですから、ちょっと驚きです。

Eco cube shinsaibashi 7251

基本はカプセルホテルとシャワーです。フロントは半地下にあり、そこでチェックインをして各階にエレベーターで上がります。男性と女性は別フロアです。各フロアにシャワーがあります。男性階はカプセルが108、シャワーは4つです。

Eco cube shinsaibashi 7249

朝の8時に起床して支度をしましたが、シャワーや洗面台、トイレが混み合うといったことはありませんでした(ちなみに平日)。価格が安いこともありますが、海外の旅行客も多いようです。日本人も旅行者、サラリーマン、女性同士、カップルなど、客層は様々のようでした。

Eco cube shinsaibashi 7254

チェックインすると、靴のロッカー、荷物のロッカーの共有の鍵を渡されます。男性フロアのロッカーをあけると、中にアメニティ類が入っています。アメニティは歯ブラシ、寝間着、バスタオル、タオルでした。なお、大きなスーツケースなどはフロアに持ち込めず、1階に置いておく必要があります。

Eco cube shinsaibashi 7253

フロント階(半地下)には共有スペースがあり、作業をしたり、飲食をすることができます。レンジやポットがあります。食べ物や飲み物の持ち込みも可能です(徒歩数分のところにコンビニあり)。

Eco cube shinsaibashi 7246

各階には無料WiFiも用意されています。これまた快適です。

宿泊するカプセルは室内で充電も可能なごくごく一般的なものでしたが、身長が180cmくらいあると少し足を伸ばすのに窮屈かもしれません。

道頓堀川にも近い「B&Sエコキューブ心斎橋」の周囲を歩くと外国人観光客が多いことに気づきました。恐らく格安で宿泊できるカプセルホテルなどが集まっているエリアだからだと思います。

大浴場があるといいな〜、と思いましたが、この値段を思えばシャワーでも十分です(シャンプーやボディシャンプーも備え付け)。とにかく宿泊コストをおさえたいという人には、やはりカプセルホテルはオススメですね!

「B&Sエコキューブ心斎橋」の住所・地図・予約

§トリバゴで比較・予約
§じゃらんで確認・予約
§楽天トラベルで確認・予約
§Hotels.comで確認・予約

住所:大阪府大阪中央区西心斎橋2-9-4

カプセルホテルに関する記事

「ウェルキャビン中洲」駅直結の格安カプセルホテル(福岡)

「ファーストキャビン」飛行機をイメージしたカプセルホテル(大阪)