2014 10 17 1020

Appleが新しいMac向けOS「OS X Yosemite」をリリースしました。Mac App Storeより無料でアップグレードが可能です。インターフェースが変わり、さらにiOSとの連携も高まっています。

Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは次のようにコメントしています。

「OS X YosemiteはApple史上最も先進的なOS Xのバージョンで、斬新なデザイン、すばらしい連係機能、さらにパワフルになったアプリケーションが特長です。OS X Yosemiteはコンピューティングの未来をリードし、すべてのAppleデバイスをシームレスで魅力的に連係させることができます。これができるのはAppleだけで、しかも本日それを提供することができるのです」

OS XとiOSの連携というのは非常に興味のあるところですが、すぐにアップグレードして仕事に支障が出ると困るので、週末まで待ちたいと思います。

例えば、Instant Hotspotを使うと、MacからiPhoneのテザリングに起動することができるようになります。AirDropが、MacとiOSの間でも利用できるようになったのは便利ですね。

通知センター内の「今日」表示では、カレンダー、天気、株式、リマインダー、世界時計、ソーシャルネットワークといった情報満載のウィジェットにすばやくアクセスできます。Mac App StoreからYahoo! Sportsなどのウィジェットを追加して、「今日」表示をカスタマイズすることもできます。
iCloud Driveによって、iCloudにあらゆる種類のファイルを保存でき、好みの方法で整理して、Mac、iPhone、iPadだけでなく、Windows PCからもアクセスできるようになります。
高速かつシンプルでデザインが新しくなったiTunes 12は、ミュージックライブラリのブラウズとiTunes Storeでの新しい音楽の検索を簡単に切り替えられます。新たに追加された「最近使った項目」表示では、最近購入または再生したメディアに簡単にアクセスできます。
ファミリー共有によって、家族がお互いにiTunes、iBooks、Mac App Storeで購入したコンテンツをブラウズしたり、ダウンロードできるようになりました。

早くアップグレードしたいけど、ちょっと我慢!

2014 10 17 1026