Onomichi 7491

尾道、春の旅。「千光寺」にお参りしたら、近くにある「尾道市立美術館」に立ち寄るのもオススメです。建築家・安藤忠雄の手により改築された美術館です。海の見えるカフェでひと休みも!

Onomichi 7493

「尾道市立美術館」とは尾道市立美術館 - Wikipediaによると注ぎのように説明されています。

1980年(昭和55年)3月、旧NHK尾道放送局跡地に開館。 その後、建築家・安藤忠雄の設計により改築され2003年(平成15年)1月10日に再開館した。 本館と新館の2つの建物からなる。

元々はNHK放送局があったのですね。

Onomichi 7494

本館は寄棟造・本瓦葺の屋根に国重文・西郷寺本堂を模したもので、展示室の他に1階にカフェ・ミュージアムショップ、2階にロビーがあり、それらから尾道水道を一望できる。 新館は安藤建築の特徴である打放しコンクリートにガラス張りの四角いもので、すべて展示室からなる。

そうなんです。本館と新館で見せる顔が違うので、これがなかなか興味深いんです。

Onomichi 7495

直線的な作りは新館で、いかにも安藤忠雄という雰囲気です。本館を改装し、新館とも融合させたそうです。

Onomichi 7496

入場料は大人700円、高大生500円、中学生以下は無料です。

Onomichi 7501

訪れた時に展示されていたのは、ジョルジュ・ルオーの作品です(2013年5月12日まで)。ジョルジュ・ルオーは、フランスの画家です。

宗教的な作品が多く展示されており、子供がキリスト教系の幼稚園だったので、興味深く見ました。独自の技法で、絵が盛り上がったりしているのも非常に心に残っています。

Onomichi 7498

さて、展示されている絵画もされことながら「尾道市立美術館」としての建物も素晴らしかったです。

Onomichi 7499

建物目当てで訪れるという人も、きっといるのでしょうね。

Onomichi 7500

Onomichi 7502

Onomichi 7503

Onomichi 7506

もちろん、イスもアートな感じでした。

Onomichi 7504

こちら、本館の庇ですね。寺を模しています。

Onomichi 7505

休憩スペース的な場所からの、尾道水道の眺め。天気が良くて最高の景色でした。

Onomichi 7510

一通り作品を見たら、オススメはミュージアムショップ脇にあるカフェです。眺めの良いカフェですので、こちらでひと息つくと最高です!

Onomichi 7509

ホットコーヒー、紅茶は300円と、なかなかリーズナブルです。

Onomichi 7508

ちょっとフェンスが邪魔ですが、遠くに目をやれば気になりません。

Onomichi 7507

ほら!

すぐそこに広がる素敵な街並み!

Onomichi 7511

入館料700円、コーヒー300円、なかなか良くないですか?

Onomichi 7512

ぼく自身、アートとは縁遠い生活をしているのですが「尾道市立美術館」は自分なりにじっくりと時間をかけて見ました。もしかすると、平日で空いていたから、というのもあるのかもしれませんが。

ジョルジュ・ルオーの名前も覚えましたよ。

尾道市立美術館公式ホームページ

住所:広島県尾道市西土堂町17-19


大きな地図で見る

ジョルジュ・ルオー サーカス 道化師

ジョルジュ・ルオー 青幻舎 2012-10-18
売り上げランキング : 607405
by ヨメレバ
夜の絵本

蜂飼 耳 PHP研究所 2008-01-22
売り上げランキング : 779593
by ヨメレバ