Onomichi 7538

尾道、春の旅。尾道の有名な観光地の一つである「千光寺」にも行って参りました&千光寺ロープウェイに乗りました!

上りのロープウェイのアナウンスで知ったのですが、なんと33年ぶりの御本尊御開帳が行なわれているのですよ。いいタイミングできた!

Onomichi 7536

片道、大人は280円。基本は上りを利用し、後はゆっくりと下ってくるスタイルが良いかと思います。尾道の坂の景色を堪能しましょうね。

Onomichi 7471

普段は15分に1本の運行ということなので、行けばだいたい乗れると思います。距離にして300mほど、時間にして3分、頂上まではあっという間です。

Onomichi 7472

千光寺ロープウェイからの景色。

Onomichi 7473

頂上からの景色です。本当にあっという間でした。

Onomichi 7475

ところどころに「有名画家写生地」というモニュメント?があるので、これを探して歩き、スケッチするのも楽しいかもしれません。

Onomichi 7476

展望台もありました。2階は食堂、3階の屋上には自由に出入りができます。

Onomichi 7477

どうやら、尾道の名物はタコぽいですね?

Onomichi 7480

展望台からの景色です。瀬戸内の海ですよ、尾道水道ですよ。

Onomichi 7482

右下の建物は、尾道市立美術館。安藤忠雄だそうです。

展望台に上がって足元がフワフワしたので(高所恐怖症)、気持ちを落ち着けるためにソフトクリームを食べました!

Onomichi 7483

ここまできたら「瀬戸内みかんアイスクリーム」を食べない訳にはいかないですね。

Onomichi 7486

なんという、色鮮やかなオレンジ!

味は、確かにみかんの味がしました。しかも、懐かしい系の果汁です。

Onomichi 7487

祭りも予定されているようですが、桜が咲いていたらキレイだったでしょうねぇ。

Onomichi 7488

ところどころ、咲いている桜もあったのですが。

道中、尾道市立美術館にも立ち寄りましたが、それは別の記事で書きたいと思います。

Onomichi 7516

やはり「有名画家写生地」として「鼓岩」なるものがありました。

Onomichi 7514

ノミで割ろうとした線があるのですが、大阪城の築城の折、石垣として割りかけた‥‥なんてことも言われているそうです。

大阪城かどうかは分かりませんが、確かに割ろうとした跡が残っているんですよね。凄い。

Onomichi 7517

とてもじゃないですが、あんな先端には立ちたくないと思いました。その先はガケですし(高所恐怖症)。

Onomichi 7518

そのまま道を抜け、行く先は「千光寺」です!

Onomichi 7519

「秘仏 御本尊 三十三年ぶりの御開帳」の文字が神々しいです!

「千手観世音菩薩」です。

Onomichi 7522

この奥に御本尊がーーー!

ということで、ありがたくお祈りをさせて頂きました。それにしても、33年ぶりの御開帳に巡り合えたのは、本当にラッキーだと思いました。

Onomichi 7523

寺自体もせり出している風で、ここに上がって修行するのはけっこう大変だったんじゃないかな、と想像したり。

そのことを裏付けるかのように‥‥

Onomichi 7520

こんな場所もありました。62年ぶり復元。「石鎚山鎖行場」ですよ。復元されちゃってますよ。

Onomichi 7521

岩を登ったんですねぇ。

Onomichi 7525

「男鎖跡」はハード過ぎて、復元はされておりませんでした。

Onomichi 7526

普通に登ることができるのはこちらですが「子供だけで登ってはいけません」の文字が、少し怖いです。それもそのはず、本当に鎖だけなんですよね。

ぼくも怖いので登りませんでしたよ。

「千光寺」は景色も良いですし、ぜひ行っておきたい尾道のスポットの一つだと思います。ロープウェイで上がってしまえば、のんびり下るだけですから、体力に自信のない方でもオススメです。

住所:尾道市東土堂町15-1


大きな地図で見る