Onomichi 7431

尾道、春の旅。尾道駅を起点とし、観光地としても有名な千光寺あたりの古寺は、基本は歩いて巡ることができます。千光寺までバスも出ていますが、せっかくの良い天気なので、歩いて散策してみました!

尾道の坂道小道を楽しむこともできますよ〜♪

Onomichi 7426

尾道駅の中に観光案内所があるので、そこでガイドマップを貰います。

Onomichi 7429

この地図があれば完璧です!

Onomichi 7427

いきなり千光寺まで行く人でも、15分で着いてしまいます。ちなみに、千光寺というのは千光寺山にある寺で、ロープウェイで登ることもできます。

Onomichi 7430

尾道駅から目と鼻の先が海です。

Onomichi 7432

駅の裏手にも山があり「ああ、これが尾道なんだなぁ」という景色が続きます。

Onomichi 7433

駅を左手に行くと、尾道商店街と古寺巡りのコースに分かれます。ここを迷わず「古寺めぐり」に向かえば、後はテクテクするだけです!

Onomichi 7434

ほら!

もう、すぐにこんな街並みでドキドキしちゃう!

細い路地、小道、坂道が好きな人には、本当にたまらない場所だと思いますよ。時々、猫がひなたぼっこしてたりもして。

Onomichi 7435

古寺めぐりコースに出発!

Onomichi 7436

いきなり、路地の上に小学校がありました。小学校の校舎をくぐり、歩いていきます。

Onomichi 7437

まずは持光寺へ。

Onomichi 7438

持光寺です。どの寺もそうなのですが、墓地が併設されていて、地元の人たちの菩提寺になっているんだになぁ、ということが分かるのですね。

Onomichi 7439

「にぎり仏」が作れるそうです。時間があれば、これは試してみたいですね。

これだけ寺が多いということは、地元の方の信仰心もあついのかな、などと考えながら歩みを進めます。

Onomichi 7440

曲がり角の向こうには何が見えるのだろうと、歩いているだけでワクワクの続く路地。

Onomichi 7441

もちろん、住宅街ですから、静かな街並みですから、あちらこちらから生活音も聞こえてきます。

Onomichi 7442

光明寺。

Onomichi 7443

古寺めぐりのルートは横移動がほとんどですが、縦への道と出会うと、ここが坂の町であることを実感します。

Onomichi 7444

古寺めぐりのコースには、キレイにタイルが貼られています。

Onomichi 7445

宝土寺にて。

「思ったようにはなかなかならない
なるようには間違いなくなる」

Onomichi 7446

猫ものんびり散歩してましたよ!

Onomichi 7447

山に沿って、道路と線路も続きます。

Onomichi 7448

なんということのない景色に見えるかもしれませんが、歩いていると様々な想像が膨らみます。特に、映画の舞台になっている、ということが少なからずあるのでしょうね。

Onomichi 7463

「文学記念室」のそばには、映画「転校生」の撮影で使われたという坂がありましたよ。

Onomichi 7464

ところどころにカフェもありますので、散策の一休みにもぴったりです。

Onomichi 7469

カフェ巡りをしても楽しそう。お腹がたぷたぷになりそうですが。

Onomichi 7467

これは天寧寺の三重塔です。歩いていると、いきなり頭の上に現れるので、ちょっと驚くかもしれません。本当にうわっと現れます。そして、三重塔の下は、墓地になっているのですねぇ。

運動不足の人でも、こんなに楽しい景色の場所であれば、そんなことは忘れて歩けてしまうかも? 尾道はコンパクトな町です。