スポンサードリンク

老朽化で建て直しのため取り壊し移転する「第一牧志公設市場」

スポンサードリンク

「第一牧志公設市場」

2019年6月11日〜12日に沖縄を旅したのは、老朽化のため取り壊される「第一牧志公設市場」の最後の姿を見ておく、という目的もありました。「那覇の台所」と呼ばれる市場。沖縄旅行をするたびに、何度も立ち寄ってきた場所です。

スポンサードリンク

取り壊しの迫る「第一牧志公設市場」

「第一牧志公設市場」の取り壊される前の写真です。

「第一牧志公設市場」1

「第一牧志公設市場」の横の通路。

「第一牧志公設市場」2

「第一牧志公設市場」の横の通路。

「第一牧志公設市場」3

「第一牧志公設市場」の中。

「第一牧志公設市場」4

「第一牧志公設市場」の中。

「第一牧志公設市場」5

「第一牧志公設市場」の中。

雰囲気が完全に東南アジアのどこかの国‥‥という、捨てがたいごった煮感があります。

店員さんも外国人が多くて驚きました。インバウンド需要に対応するためなのでしょうか。

「第一牧志公設市場」の仮設店舗

「第一牧志公設市場」は建て直しの間、近くの仮設店舗に移転します。

「第一牧志公設市場」6

このときは仮設店舗の建設が進められていました。

「第一牧志公設市場」7

旧「第一牧志公設市場」は2019年6月21日で閉場、引っ越しをして2019年7月1日より移転オープンする予定です。

「第一牧志公設市場」8

仮設店舗の「第一牧志公設市場」は2階建て。

「第一牧志公設市場」9

「那覇の台所」一時閉鎖=牧志公設市場、建て替えへによると、

・大型スーパーの勢いに押され観光客を呼び込む方針転換
・外国人従業員を雇うなどして訪日客を取り込み

といったような施策を取ってきたそうです。観光市場だったんですね。

迷路のように入り組んだ独特な雰囲気を惜しむ人は多く、市などは建物の延命策も模索したが、耐震性の問題から断念。

新しい「第一牧志公設市場」は、2022年4月に再開予定です。

公設市場仮設ページ | 那覇市 第一牧志公設市場組合をみると2階は食堂も多くて魅力的ですね。

セブンイレブン

近くにはオープンを控えたセブンイレブンもありました。ついにセブンイレブンが沖縄進出です。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

「ランプキャップ渋谷店」こぢんまりとしたお祝いに秘密の小部屋がオススメ

次へ

【Kindleセール】「2019夏のコミックエッセイ全力フェア」開催中(7/4まで)